英会話ペラペラの若者が次々に出てくる!?

学習指導要領が変わって、今では小学生のうちから英語の授業が設けられるようになりました。今までは中学生になってから、「これはペンです」「私は中学1年生です」という、まるで会話になるのかならないのかわからないようなところから始まっていた英語教育ですが、小学生のうちから、英語の挨拶や単語を学ぶようになってきます。
これは、大きいですよね。
http://www.revo.gr.jp/instructors
あと10年も経てば、私たちより数年長く英語教育を受けた若者が学校を卒業して、同じ社会というステージに立つわけです。そこで、彼らに英会話のひけをとらないくらいになっていなければ、実力の差が出てしまうことは容易に予想がつきます。
今、学校も卒業してしまった私たちが英会話を学ぶには、自分でスクールに通ったり、オンライン英会話を利用したりするしかありません。文法英語ではない、コミュニケーションをとることができる英語を身につけておけば、きっと英語ペラペラな若者が社会に出てきたときに、尊敬のまなざしで見られることと思いますよ。

コメントを残す